2019年9月台風15号.19号で甚大な被害を受けた南房総地域を救援する為のサポートセンターです。

私たちNPO法人南房総リパブリックは、2017年より布良の空き家をお借りして運営していましたが、台風15号により家屋が半壊し閉鎖となりました。しかし、お世話になったこの土地への思いから、いつか富崎のみなさんと温かい時間を共有したいと思っていました。

コロナ禍ではありますが、NPO法人おせっ会のご協力のもと、ようやくこの映画会が実現できることとなりました。みなさまふるってご参加ください。

尚、いただいた参加費は運営実費を除き、布良崎神社の復興活動へ寄付させていただきます。

上映映画: 『スタンド・バイ・ミー』(1986年アメリカ映画)
日時: 12月6日(日)14時開場、14時半開演、16時半終演
場所: 旧富崎小学校(千葉県館山市相浜282-1)

参加費: 小学生以上ひとり500円(定員90名)
お申込み: 映画会参加申込フォームからお申込みください
持ち物: 上履き・あたたかい上着・マスク


駐車場: 富崎館駐車場及び富崎小学校敷地内
※漁村につき駐車台数がとれないため、乗り合いにてお越しください。
新型コロナウィルス感染拡大防止にご協力ください。
※マスクの着用、検温・手指の消毒をお願いいたします。
※当日37.5度以上の発熱のある方は入場をお控えください。
※入場時は間隔をあけてお並びください。
※大きな声での会話はお控えください。


案内ダウンロード

当日ミニマルシェを開催します。

【港マルシェのご案内】

〇時間:11時~14時半(上映開始まで)・一部店舗は上映終了後まで

〇出店いただくみなさま

ボタリズムコーヒー
Shine Seed
安西農園
おひさま農園
よぜむファーム
SUN&RICE

sbm

©︎1986 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.ALL RIGHTS RESERVED

 

《助成》日本財団

応援方法

最新情報 from Facebook

 

南房総リパブリック

NPO法人 南房総リパブリックは東京と千葉県南房総市を結び、里山学校・食の二地域交流・空き公共空間活用事業を行っています。 今後HP、Facebook共発信を充実させていく予定です。ご興味のある方どうぞお気軽にご参加ください!
南房総リパブリック
南房総リパブリック2020/11/25 @ 22:45
★港シネマ・マルシェ出店者のご紹介~ボタリズムコーヒーロースター~
12月6日(日)に開催予定の港シネマ、上映予定の旧富崎小学校にてミニマルシェを併設しています!今回は『ボタリズムコーヒーロースター』のご紹介です。

◉出店名:『ボタリズムコーヒーロースター』
◉当日売るもの:ホットコーヒーとコーヒー豆
◉出店者の元沢信昭さんよりひとこと:
 千倉町にてコーヒーロースターを営んでおり、自宅は丸山地区にあります。
 友人のご実家があり何かとお世話になっている布良や、大好きなサーフポイントのある富崎地区にはよく遊びに来ていて、友人も暮らしています。そんなご縁から昨年の台風の出来事は他人事とは思えない心持でした。
 まだまだ再生の途中だと思いますが、港シネマ当日はご用意させていただく4種類のコーヒーで心身ともに温まるひと時をご提供できたらと思っております。(保温性のあるマイボトルをお持ちの方は是非お持ち下さい)
 皆様にお会いできることを楽しみにしております。

・・・
★港シネマ、当日のご案内↓↓↓
〇日時: 12月6日(日)14時開場、14時半開演、16時半終演
○上映映画:『スタンド・バイ・ミー』
〇場所: 富崎小学校体育館
〇参加費: 小学生以上ひとり500円(定員90名)
〇お申込み: 申込フォームからお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8psGtRlBVF8vb1-km4dnpNMyXNGgIZSNOimJriDR1mKJ7kw/viewform

★港マルシェのご案内↓↓↓
〇時間:11時~14時半(上映開始まで)、一部店舗は上映終了後まで

〇出店いただくみなさま
☆ボタリズムコーヒー https://botarhythm.com/
☆安西農園 http://tateyamanoto.net/archives/163
☆おひさま農園 http://tateyamanoto.net/archives/155
☆よぜむファーム https://yozemu-farm.jimdofree.com/
☆SUN&RICE https://www.sunandrice.com/
南房総リパブリック
南房総リパブリック2020/11/18 @ 22:24
◉港シネマでの港マルシェ、1店舗増えました◉
12月6日(日)の港シネマでは、上映する旧富崎小学校にてミニマルシェがひらかれます。1店舗、素敵なお店が出店してくださることになりましたので、ご案内します。
台風で被災した屋根を覆っていたブルーシートを再利用したバッグを販売するお店「SUN&RICE」です!

代表の新田綾子さんより:
『令和元年9月の台風被害で多くの屋根がブルーシートで覆われた南房総。災害ゴミの受入れがストップし、行き場を失ったブルーシート。そんな哀しみの象徴だったブルーシートを再利用し、バッグを作りました。南房総がもう一度元気になれるように』

★港シネマ、当日のご案内↓↓↓
〇日時: 12月6日(日)14時開場、14時半開演、16時半終演
〇場所: 富崎小学校体育館
〇参加費: 小学生以上ひとり500円(定員90名)
〇お申込み: 申込フォームからお申込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8psGtRlBVF8vb1-km4dnpNMyXNGgIZSNOimJriDR1mKJ7kw/viewform

★港マルシェのご案内↓↓↓
〇時間:11時~14時半(上映開始まで)、一部店舗は上映終了後まで
〇出店いただくみなさま
☆ボタリズムコーヒー https://botarhythm.com/
☆Shine Seed http://shineseed.jp/
☆安西農園 http://tateyamanoto.net/archives/163
☆おひさま農園 http://tateyamanoto.net/archives/155
☆よぜむファーム https://yozemu-farm.jimdofree.com/
☆SUN&RICE https://www.sunandrice.com/
南房総リパブリック
南房総リパブリック2020/11/12 @ 22:54
【港シネマ2020】
12月6日(日)に、富崎で、みんなで一緒に、映画を観る会をひらきます!

南房総リパブリックは、2017年より布良の空き家をお借りして「トライアルシェアハウス・布良ハウス」を運営していましたが、台風15号により家屋が半壊し閉鎖となりました。しかし、お世話になったこの土地への思いから、いつか富崎のみなさんと温かい時間を共有したいと思っていました。

コロナ禍ではありますが、NPO法人おせっ会のご協力のもと、ようやくこの映画会が実現できることとなりました。みなさまふるってご参加ください。
上映するのは【スタンド・バイ・ミー】。音楽を聴くだけで胸がいっぱいになる、あの映画です。

尚、いただいた参加費は運営実費を除き、布良崎神社の復興活動へ寄付させていただきます。

〇上映映画: 『スタンド・バイ・ミー』(1986年アメリカ映画)
〇日時: 12月6日(日)14時開場、14時半開演、16時半終演
〇場所: 富崎小学校体育館
〇参加費: 小学生以上ひとり500円(定員90名)
〇お申込み: 申込フォームからお申込みください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf8psGtRlBVF8vb1-km4dnpNMyXNGgIZSNOimJriDR1mKJ7kw/viewform
〇持ち物: 上履き・あたたかい上着・マスク
〇駐車場: 富崎館駐車場及び富崎小学校敷地内
〇新型コロナウィルス感染拡大防止にご協力ください。

https://mb-republic.com/rescue_minamiboso/

上映会場となる富崎小学校では、当日ミニマルシェがひらかれます!地域の方々に広く楽しんでいただけます。ぜひお越しください。
〇時間:11時~14時半(上映開始まで)、一部店舗は上映終了後まで
〇出店いただくみなさま
☆ボタリズムコーヒー https://botarhythm.com/
☆Shine Seed http://shineseed.jp/
☆安西農園 http://tateyamanoto.net/archives/163
☆おひさま農園 http://tateyamanoto.net/archives/155
☆よぜむファーム https://yozemu-farm.jimdofree.com/
南房総リパブリック
南房総リパブリック2020/10/19 @ 0:17
【リレーコラム『コロリパ』Vol.14 島崎将人】

こんにちは。南房総リパブリックの島崎です。
今年の外出自粛期間辺りからあることを息子と共に始め(再開)ました。

それは釣りです。

小さな頃、祖父と共に外房の海に早朝から釣りに行き、たくさんの魚を釣っては家に持ち帰り、その魚の多さに祖母がため息をついていたのを思い出していました。「こんなに釣ってこないでよ。」というため息(笑)

多くの魚の特徴を知る訳ではありませんが、外房で何が釣れるのか、どのような仕掛けで釣れるのかはなんとなく覚えていたので、再開してすぐにそれなりの魚を釣る事ができていました。
でも、今年はこういった事に掛けられる時間がたっっぷりあったので、息子と共に、釣りを極めたい。と思う気持ちが段々と湧き上がってきました。その時はまさか釣りにこんなにはまるとは思っていなかった訳ですが…。

当時は祖父が用意してくれた竿と仕掛けを投げるだけ。天気も時間も祖父が考えた時間に行く。何も考えていないけど釣れていた訳です。
でも今回は、私が用意したものが全て。釣れても釣れなくても私の判断が全て。遊びなのでプレッシャーなんかはないのですが、釣れなかった時の子供の落胆具合はそれなりにショックで…。
それからしっかりと調べる事を覚えました。
雨が降った後の濁り潮で釣れる魚。透き通った潮の時に釣れる魚。魚の生息する水深(棚がどこにあるか)などを意識し、その都度仕掛けと餌を変えて行きました。

すると、釣果は断然改良されていく訳です。
釣れると断然楽しいのが釣り。魚が針に掛かった時のビクビクっとした引き。あれは体感したものにしか分からないと思います。病みつきになる。大きければお大きい程に引きが強く、その時の感覚はしばらく手に残っています。

ちょっと脱線しますが、息子は今7歳ですが、6歳頃にNintendo Switchを手に入れました。我が家では勉強をした後であれば決められた時間ゲームをして良い事になっていました。
思うのですが、子供はゲームがしたくてやっているわけではないというか、他にやる事がない場合には、刺激性の強いものを当然求める訳で。それがゲームなのだと思います。
今ではゲームには目もくれず、、その代わりに釣りです。釣りのためにやる宿題の速さと集中力が半端じゃないです。

今になって思うのは、釣りによって3つの事が身に付きました。
一つ目は待つ事。魚の当たりがあるまでひたすら待つ。時には朝から夕方までひたすら待ちます。
すぐに帰ろう帰ろう言うのが当たり前の息子でしたが、今では海を見ながら黄昏るおじさんのように、背中を丸くしながらひたすら待っています。待つ事こそが釣りの真髄かな?

二つ目は集中力。最近始めた黒鯛の団子釣りはただ待っているだけではなくて、魚の当たりに合わせて竿をおもいっきり合わせなければならない。
その一瞬に掛ける集中力はものすごいものがあります。朝から、夕方までやっていると、帰宅してからもうぐったりになります。
三つ目は釣り仲間とのコミュニケーション
あそこに行けばあの人がいるいると思うと、なんだか前日からワクワクソワソワ。
ある時は自分の釣りを一切やらず、私の息子に一日中手取り足取り教えてくれるおじさんに出会ったり。

大物がかかった時は、みんなのフォローをもらいながら、吊り上げたりと。一体感が生まれるのが釣りかなと思います。
同じ趣味に向かい合うみんなとの一体感。知らず知らずの内に家族のようになっていくんです。
今では番号を交換して、朝待ち合わせたり、夜飲みに行ったりもします(笑)
平日は都内にいながら、週末釣りに来ている方が多いのも新しい発見でした。二地域居住者多し!

釣りもゲーム性は高いけど、下調べして、仕掛けを作って、餌の選定、当日の漁場の状況を判断して竿を述べる。
それに加え、釣った魚は、息子と共に捌き、食す。三昧に下ろした魚は身だけでなく中骨はあら汁にして、その風味を楽しむ。
ずっと食わず嫌いだった黒鯛の刺身が今では息子の大好物。

私は都内と千葉県以南の設計の仕事が多いですが、竣工した現場のお施主さんと釣りに行くのもここ最近の楽しみになっています。
来週も行きます。
あぁ楽しみだなぁ…笑 (娘ともちゃんと遊んでますのでご安心を!) 
お誘いもお待ちしております〜!

*コメント欄に動画アップしました!
南房総リパブリック
南房総リパブリック2020/10/04 @ 10:55
【リレーコラム『コロリパ』Vol.13 河野直】

こんにちは。つみき設計施工社の河野直です。南房総リパブリックさんとは、2016年から断熱ワークショップ(エコリノベ)の活動でご一緒させていただいています。

暑い暑い夏が始まる少し前、子供たちの小学校や保育園も休校になって、大人も子供も家にいなきゃいけなかった時。この自粛期間があったから始められたことが、何かちょっとしたことでもあるといいなと思って、僕は2つのことを始めてみたんです。

1つ目は、リフティング。
学校や保育園のない子供たちと、人の少ない近所の公園や広場に毎日遊びにいきました。3歳の次女は、ブランコが好きで30分くらいは平気でブランコに乗り続けます、毎日。そこで気づいたんです、ああ、この時間暇だ。だから、今年5月の誕生日に妻に買ってもらったサッカーボールを持って、リフティングを始めてみました。始めは、続いても5回くらい。近所に元ゴールキーパーのパパ友達がいて、アドバイスをもらって、だんだんとコツを掴みました。同じマンションの隣の号棟に住む5年生のサッカー少年が、当初60回できる様になったと言ったから、勝手にそれを目標にしてみたり。子供たちがブランコやジャングルジムで遊ぶ傍で、2ヶ月くらい毎日練習しているうちに、サッカー素人の僕も、最高で51回!リフティングが続く様になりました。自粛期間を通じて、サッカーボールを足の芯で捉らえることを習得。 これは人生の役に立つぞ。次の目標は100だな。

で、2つ目は料理。
元々料理することは好きだったんですが、極度の「適当」。とにかくレシピを見ることは嫌い。(ちなみに家電も取説をすぐ見捨てるくらいの‘説明書嫌い’なんです)お料理は、親の見様見真似で最小限のことは覚えて、美味しい料理屋さんやテレビや雑誌を見て空想で真似する程度でした。でも自粛期間、とにかく時間がある。だから、「師匠に学ぼう」って思ったんです。元々テレビや書籍を通じてファンだった、土井善晴さんのレシピ集100を本棚から取り出しました。土井さんを勝手ながら、自分のエア師匠として迎え入れ、彼のレシピに沿って、毎日料理をすることを始めました。軽量スプーンやカップで調味料を計るのも人生で初めて。とにかく、師匠・土井善治の教えに忠実に。2ヶ月くらいは、毎日師匠のレシピのお料理を作り続けました。今数えてみると、100レシピの内、63のお料理にチャレンジしてたみたいです。

師匠のレシピって、すごくシンプルなんです。数行の文章で書かれたレシピのままに作ると、それはそれは美味しい。冷えても美味しい。なんなら、作りすぎて次の日になっても美味しい。ああこれは、もはや魔法だなって思ったんです。この人は、たった数行の言葉で、どれだけたくさんの人を幸せにしているのだろうって。

で、思ったんです。僕も、こんな人にいつかなりたい。
誰にでもわかる「易しい言葉」を持っている人に。

易しい言葉って、簡単には生まれないと思うんです。土井さんも、フランスや日本の一流料理店で修行を積んで、何千何万人という人たちにお料理を教えて。その何十年の経験があって初めて、「易しい言葉」が生まれるんだと思う。「易しい言葉」は、洗練されていて、嘘がないから、言葉を受け取ったあらゆる人を幸せにしてくれる。軽量スプーンを使ったことがなかった僕みたいな人も含めて。

僕も、楽しく、一生懸命仕事して、いつか師匠土井善晴さんみたいな人になりたい。
この一見ややこしく見える、建築の世界で。

というわけで、リフティングが上手くなったり、土井善晴になりたいと思った、2020年、36歳の夏。

終わり。
南房総リパブリック
南房総リパブリック2020/09/29 @ 22:18
【リレーコラム『コロリパ』Vol.12 春日広樹】

春日です。2018年11月に館山の布良ハウス管理人(?)として移住。約10ヶ月ほどの短い期間でしたが、房総半島暮らしをしてました。

昨年9月に房総半島を直撃した台風15号によって布良ハウスが被災しました。僕自身は怪我はなく済みましたが、家の瓦屋根が飛び落ち家の中は雨でびしょびしょになりました。その後の停電も重なり、馬場さんに救助されて実家のある東京へ避難。結果的に布良ハウスは大家さんの意向もあり、解体されそのまま移住生活は終わりました。

今は東京に。勤務している設計事務所もテレワーク対応になり自宅にいることが増えましたが、もともとビデオ会議が多い事務所でもあり、布良で過ごしてた日々とはある意味で変わってないような気もしています。とはいえ、徒歩1分で夕陽の沈む海を眺められる環境に比べたらやや物足りなくもあり。

そんな布良生活と今回の自粛生活もあり料理をすることにハマり、お昼にパスタ作りをすることが趣味になりました。カルボナーラはだいぶ極めてきました。料理と建築はすごく似ているなと思います。人類誕生時からの長い歴史があり、そのレシピ(図面)に、少しの工夫で全く違うものや新しいものが出来上がる楽しさはお互いに通ずるものがあるなと気づきました。

今も微力ながら布良の復興活動に携わっていますが、きっとまちとの関わり方も、長い歴史の積み重ねと少しの工夫で新しい風景が出来あがるんじゃないかなと思いながら、日々過ごしています。

問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
題名:
内容: