里山学校

里山学校開催要項

第31回 初夏の里山学校 伊予ヶ岳ハイク!房総のマッターホルン『伊予ヶ岳』の自然を味わい尽くそう。

房総半島で唯一、"岳"のつく山、伊予ヶ岳。

山のかたちが似ていることから「房総のマッターホルン」とも言われています。

さて、どれほど高いんだ?と言われると頭を掻くしかないんですが、標高336.6mです。それでも千葉県で3番目の高さを誇ります!(1番高い山が、愛宕山の408.2m。続いて2番が富山(とみさん)で、349.5m。)何しろ、最高地点が都道府県の中で一番「低い」県ですからね、千葉県は。

目の前に小さくそびえる「低名山」に親しみ、愛でる。 「山は高さじゃない!」と、言い切る。笑。 それが房総スタイルです。

今回の里山学校では、この伊予ヶ岳をのぼりながら、初夏の自然を味わい尽くそうと目論んでいます。

伊予ヶ岳は、じつに愉快な山なんです。 道中の風景は鮮やかに移り変わり、房総半島の特徴的な植生を身近に感じることができます。途中までは足だけでのぼるハイキングコースですが、山頂に至る最後の部分は「鎖場」のある崖のぼり!垂らされたロープをつかみ、岩に足をかけ、踏ん張ってぐいぐいとのぼるはけっこうなサバイバル感。こどもたちはもちろん、これはオトナもワクワクします。

山頂からの風景は、ぜひ、ご自身の眼で。 眼下に広がる南房総ののどかな風景に癒されるはずです。 ちなみに、頂上は切り立った断崖。これはちょっとドキドキします。手をふると、山の下の人からもその人影が確認できます。むしろその、リアリティのある高さ感が面白い。

濃い緑の空気を纏う低名山「伊予ヶ岳」を、全身を使って味わい尽くそう!

初夏の南房総で、みなさんをお待ちしています。

 

プログラムの内容

伊予ヶ岳のハイキングと自然観察

開催日時

2017年6月11日()10:00〜14:00(受付開始9:30)

開催地

伊予ヶ岳(千葉県南房総市荒川)

集合場所

旧平群小学校校庭(南房総市平久里中220)

・お車でお越しの方は、校庭内に停めてください。
・高速バス房総なのはな号「ハイウェイオアシス富楽里」停車場より、タクシーで10分。

持ち物

リュックサック(両手が空くように)、水筒、行動食(飴やチョコレートなど移動しながら食べられるもの)、敷物、タオル、軍手(必須)、雨具、着替え(濡れたり汚れたりした場合)

服装

長袖、長ズボン、濡れたり汚れたりしてもいい靴、帽子、レインウエア

参加費

4000円/人 お弁当代含(3歳児まで参加費無料ですがお弁当は用意されませんのでお気をつけください)

推奨年齢

小学生~大人

*未就学児をお連れの場合は、保護者の方が安全管理をお願いいたします。

定員

20人

注意事項

〇参加費はなるべくつり銭のないようお願いいたします。

〇雨天荒天により中止の場合は、前日19時までに登録していただいたメールアドレスにご連絡いたします。ご確認いただきましたら、返信をお願いいたします。(決行の場合はご連絡はいたしません。)

〇前日、当日のキャンセルにつきましては、キャンセル料が発生します。前日は参加費の50%、当日は100%となります。予めご了承ください。

主宰

NPO法人南房総リパブリック

連絡先

info@mb-republic.com

リーダー紹介

本間秀和
2008年、東京農工大学大学院連合農学研究科後期博士課程単位取得退学。同年、南房総に戻り、南房総ほんまる農園を営む。水稲(1.8ha)、畑作(60a)で、環境保全型農業を実践している。在学中は、尾瀬国立公園にてサブレンジャーとしてインタプリテーション活動に取り組み、南房総においても自然観察会を実施している。著書に「里山のつる性植物」(NHK出版)。



TOP